【新人セラピスト必見!】心エコーの基本!LAD?IVST??心構造の情報を収集・整理しよう!!

心エコー 心構造

この記事を読んで欲しい人
  • 心エコー検査の結果のどこを見ればいいのか分からない人
  • 心エコー検査で得られた情報が何を意味するのか分からない人
  • 検査結果をどのようにリスク管理に活かせばいいのか分からない人

// /

はじめに

おばんです!
Yu-daiです!!

前回は心エコー検査における左室収縮能についての基本をまとめました!

その中で、心エコーが心壁の厚み、各心房・心室の大きさなど
心臓の構造を読み取ってくれることで
収縮能などの能力を把握できることを伝えましたが

今回は、
その心構造の基本について!

この記事を最後まで読んだ場合…


✔︎心エコーで羅列されているアルファベットの意味はなんなのか?

✔︎心臓のどの構造をみているのか?

✔︎心臓のどの指標になるのか?

✔︎リスク管理に用いられるのか?

 

以上のようなことが分かります!!

ぜひ最後までよろしくお願いします!

// /

心エコーで読み取れる心構造の項目をまとめたよ!

心エコー LAD AOD AAO LVDd LVDs IVST PWT IVCD RVD

施設ごとに様式は違うと思いますが

心エコーの検査結果をみると
こんな感じでアルファベットが羅列されていると思います!

  • AOD
  • LAD
  • RVD
  • AAO
  • IVCD
  • IVST
  • PWT
  • LVDd
  • LVDs

全部どこの構造を指しているのか分かる人は飛ばしていいです笑

新人の頃にこれら全てを全部覚えておくのは大変です…

でも、医師のカルテには全部英語で書かれていることの方が圧倒的に多い

ですから英語表記でもどこを表しているのかを
理解していないといけないんです…

以下は英単語をプラスしました!

これでどこを指しているか少しわかりやすくなったと思います

  • AOD:aortic root diameter
  • LAD:left atrial dimension
  • RVD:Right Ventricular Dimension
  • AAO:ascending aorta
  • IVCD:inferior vena cava diameter
  • IVST:interventricular septum thickness
  • PWT:posterior LV wall thickness
  • LVDd:left ventricular end-diastolic dimension
  • LVDs:left ventricular end-systolic dimension 

さらに理解が深まるようにここに日本語も加えていきます!

  • 大動脈径(AOD)
  • 左房径(LAD
  • 右室径(RVD)
  • 上行大動脈(AAO)
  • 下大静脈径(IVCD)
  • 心室中隔壁厚(IVST)
  • 左室後壁厚(PWT)
  • 左室拡張末期径(LVDd)
  • 左室収縮末期径(LVDs)

ここからこれらの項目がどんな指標に関わってくるのか説明します!!

// /

大動脈瘤や大動脈解離を評価!【大動脈径・上行大動脈】

まず

✔︎大動脈径(AOD)

✔︎上行大動脈(AAO)

この2つについて!

心臓をでた大動脈は

  • 大動脈基部
  • 上行大動脈
  • 大動脈弓
  • 下行大動脈

この順で、腹部大動脈に続いていきます

大動脈径
→胸部大動脈

上行大動脈
→上行大動脈

それぞれ、以上の部位の太さを計測しています!

大動脈径の正常値は

21~35mm
(バルサルバ洞の径は30~35mm)

上行大動脈の正常値は

20~34mm

このように定義されています!

一般的に
この正常値の1.5倍以上の数値になっていたら

大動脈瘤が疑われます!

その場合、運動時の収縮期血圧の上限を設定する必要が出てきますので
リスク管理上、医師に確認が必要です!!
(離床可能な場合は140mmHg以下が多い印象です)

また、大動脈解離が疑われた際の初期診断にも使用されます

  • 大動脈の拡大の有無
  • 大動脈内のintimal flapの有無と範囲

これらを医師が診断してくれています!

確定診断するには
経食道エコーやCTによる評価が必要な場合もあるようです

大動脈解離が疑われている場合も、明確な血圧管理が必要ですし
床上安静ということも十分あり得ます!

ですので
しっかり安静度や指示血圧を確認して介入しましょう!!

また

大動脈の拡大に伴い、
大動脈弁閉鎖不全を合併することがありますので

大動脈弁の評価にも目を向けましょう!!
弁については別の記事で!

左心系負荷の重要な指標!【LAD:左房径】

次はLADについてです!!

LADは左心系への負荷を評価するための重要な指標です!!

心臓のリモデリングを反映するとも言われています!

LADを測定することで以下のことが分かります!

  • 左心不全
  • 心房細動・Pafの出現リスク

左心不全は

  • 収縮不全(十分な量の血液を駆出できない)
  • 拡張不全(肺静脈・左房からの血液を受容できない)

この2つの要因によって引き起こされます!

左房径のみでは詳細な評価は難しいため

✔︎胸部レントゲン

✔︎BNP・NT-proBNP

✔︎右心系負荷の指標など

これらの結果とともに心不全の状態を把握する材料の一つとしましょう!

左心不全の詳細については別の記事で!!

次は左房径と心房細動・Pafの関係について!

みなさんは肺静脈が心房細動のトリガーの起源になることは知っていますか?

心房細動の発生機序については
詳細に説明するとその他にも色々あるんですが

心臓 肺静脈 心房細動の機序

左房の拡大によって
肺静脈と左房の接合部が引き延ばされることによって

  • 異所性興奮(洞結節以外からの興奮)
  • 伝導の遅延
  • リエントリー

これらが生じ易くなり
心房細動の”発生””持続””再発””永続化”へと移行していきます

心房細動・Pafが生じるリスクが高くなるのは
どれくらいを目安にすればいいの?

と思う方もいるかもしれませんが、

文献によって様々でした!

3.8cm 以上の左房径拡大はpAFの独立した関連因子である

急性期脳梗塞の洞調律患者における左房径拡大と発作性心房細動の検討 藤井 修一

持続性AF患者の左心房の直径(46.7±7.8)は発作性AFの患者よりも大きい(40.1±6.9 mm; p <0.01)

Left atrial enlargement is an independent predictor of stroke and systemic embolism in patients with nonvalvular atrial fibrillation.         Yasuhiro Hamatani

これらの文献から
Pafや心房細動(厳密には持続性心房細動)は

40mm

この数値以上左房が拡大していれば
心房細動またはPafの発生リスクは高いと考えていいと思います!!

急性期脳梗塞患者において
非AF群と比べ、pAF 群では有意に左房拡大を認める。
よって入院時に左房拡大した症例においてはpAF の存在を考慮する必要がある。

急性期脳梗塞の洞調律患者における左房径拡大と発作性心房細動の検討 藤井 修一

脳卒中の分野でもこの知識は活かせそうですね!!
具体的なリスク管理の例としては、

心原性脳梗塞の患者において
不整脈を認めていなくても
左房が拡大した症例に対しては
発作性心房細動を疑い、モニター管理下での介入を行う!

以上、左房の評価は

  • 左心不全
  • Paf、心房細動発生リスク


以上の2つの評価が可能です!

右心系負荷の指標!【右室径・下大静脈径】

心エコーでは、右心疾患を示唆する所見として

  • 右室・右房拡大
  • 三尖弁閉鎖不全
  • 肺高血圧など

これらを認めると言われています!!

ですので、

右室径も重要ですが
三尖弁や肺高血圧の評価も併せて判断する必要がありそうです!

右室径の正常値は

15~28mm

さらに疾患と併せて
右心不全が生じているかどうかを精査しなければいけないのですが

そのために
右室の収縮能と拡張能を調べなければいけません!

右室の収縮能の指標として

収縮期三尖弁輪移動距離(16mm以下→右室収縮能低下)
(tricuspid annular plane systolic excursion;TAPSE)

これが確立されているのに対して

右室の拡張能に関してはまだ確立された指標はないようです

その中で

拡張障害の結果である

平均右房圧(right atrial pressure;RAP)

これを指標とする考えもあります!

✔︎下大静脈径

✔︎呼吸性変動

この2つは 

RAPを非侵襲的に推定することができる有用な指標とされています!

下大静脈(呼気時)の正常値は

10~17mm

呼吸性変動は

40~50%で「+」

このように表記されます!

呼吸変動との組み合わせですが

右心系負荷が増加している場合

✔︎下大静脈径:21mm以上

✔︎呼吸性変動:消失・低下

上記の所見を認めれば右心系に負荷がかかっている可能性があります!

もう一つおまけに!

下大静脈径が10 mm以下の場合には、

循環血液量低下(脱水、急性出血など)を疑います!

右室径と下大静脈径を測定することで

  • 右室径→右心疾患の有無
  • 下大静脈径→右心系負荷の増大or循環血液量低下

これらのことがわかります!!

左室肥大の原因が分かる!【心室中隔壁厚・左室後壁厚】

次に

  • 心室中隔壁厚(IVST)
  • 左室後壁厚(PWT)

この2つについて!!

それぞれ、正常値は

心室中隔壁厚:7~11.4mm

左室後壁厚:6~11.4mm

この2つの数値でそれぞれ、
左室肥大が起こっているかどうかが分かりますが

左室肥大には何種類か存在します。

左室肥大が起こる要因

高血圧性

大動脈閉鎖不全

肥大型心筋症

  • IVST
  • PWT

この2つのでこれらを見分けます

文献から引用させていただいた表をご覧ください!

✔︎高血圧性
→比は1.0、つまり対称性肥大になることが多い。
 

1.3以上の症例も認めることがある

Echocardiographic classification of hypertensive heart disease.A correlative study  with clinical features. JapHeartJ16:377-393,  ToshimaH et al

✔︎大動脈閉鎖不全
→中隔よりも後壁の方が厚くなりやすい

つまり、比は1.0以下になることが多い。

✔︎肥大型非閉塞性心筋症(HCM non-obstructive)
→心室中隔は肥大所見を示し、 非対称性中隔肥厚を認める

つまり、比は1.3以上になる。

✔︎肥大型閉塞性心筋症(HCM obstructive)
→後壁が厚いものも存在する

 比は1.3、時には1.0以下のものも存在する
→ 2つの比だけでは不十分
 左室流出路狭窄所見僧帽弁収縮期前方運動などの所見を確認する必要あり

このように

  • IVST
  • PWT

2つの数値の比で左室肥大の原因詮索が可能です!

肥大型心筋症は10年生存率が約80%と言われていますし
突然死などのリスクも抱えていますので、

リハビリでもその可能性を考えて介入する必要があります!
(自分が担当したHCMの患者さんも介入直前に急逝されたことがありました)

次で最後です!!

左室収縮能(%FS)の評価が可能!【左室収縮・拡張末期径】

最後の項目です!

  • 左室収縮末期径(LVDd)
  • 左室拡張末期径(LVDs)

この2つについてですね!!

これは、前回の記事でも書きました!

ですので、簡単に説明して終わります!

左室収縮能の指標の1つである

%FS(左室内径短縮率)

これをLVDsとLVDdで計算できます!!

計算式はこんな感じ

FS=(LVDd-LVDs)/LVDd×100(%)

正常値は30~50%になります!

まとめ

いかがだったでしょうか?

心エコーで確認できる基本的な心構造の評価で

これだけの心臓の状態や疾患における病態について

把握できるんですね!!

新人の頃はその数値が正常かどうかだけ確認していましたが

しっかり考えることでここまでのことが分かります

少しでも臨床に役立てていただけたら嬉しいです!!

まとめに入ります!

本記事のまとめ!!
  • 大動脈径(AOD)・上行大動脈(AAO)
    大動脈瘤・大動脈解離の評価が可能

  • 左房径(LAD)
    左心負荷の評価や心房細動の発生リスクが分かる

  • 右室径(RVD)・下大静脈径(IVC)
    右心系への負荷や右心疾患の評価が可能

  • 心室中隔壁厚(IVST)・左室後壁厚(PWT)
    2つの比を用いて左室肥大の原因精査ができる

  • 左室収縮・拡張末期径(LVDs・LVDd)
    左室収縮能が分かる

この記事が参考になった方は下のバナーをクリックしていただけたら嬉しいです!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!!


理学療法ランキング

勉強になった方はシェアしてくれたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です