リハビリで使える!?脳画像の見方をたったの数分でマスター!【後頭葉編】

脳画像の見方 後頭葉の同定方法
// /

はじめに

おばんです!!Yu-daiです!

新人セラピストや学生向けに
”脳卒中”や”急性期におけるリスク管理”などを中心とした
知識の発信をさせていただいています!!

今回の記事では脳画像における”後頭葉”の見方についてまとめていきます!

新人理学療法士

確かに、脳画像の見方に関しては
まだ、なんとなくここ?くらいにしか分からないです…

学ぶべき理由はなんなんですか?

Yu-dai

一般的にはこんなふうに言われているよ!!

理学療法士が脳画像をみる目的は、脳損傷の部位や損傷の程度の確認と、それらと臨床現象との照合による評価上での見落としに気づくこと、将来的な可能性とそれを導き出す方法論を検討するための材料にすることなどである。

吉尾 雅春:脳画像をみる理学療法士に必要な脳の知識 理学療法ジャーナル 2019年 2月号

  

僕の経験則も含めた見解としては以下の通りになります!!

理学療法士が脳画像の見方を知っておくべき理由!
  • 脳卒中の範囲と程度を把握するため
  • リハ開始できる状態なのかを確認するため
  • 損傷部位から出現しうる症状を推測し、評価内容に反映するため
  • 脳画像と臨床症状を踏まえ、機能予後を推定し目標や練習内容を考えるため
Yu-dai

急性期は特に意識障害の影響で、高次脳機能などを中心に症状がマスクされている可能性が高く、脳画像の情報は非常に重要だよ!!

リスク管理を行う上でも必須級の知識

まずはその準備段階として、大脳皮質を構成する”脳葉”のうち…

後頭葉

今回は、この部位の同定についてまとめていきます!!

〈〈その他の脳葉についての同定方法はこちらから!!〉〉

〈〈脳画像の基礎的な知識を知りたい方はこちらへ!〉〉

// /

脳画像各スライスにおける後頭葉の探し方・同定方法

後頭葉がある脳スライス

それでは、脳画像における後頭葉の探し方についてまとめていきます!!

後頭葉は以下のスライスで確認できます!

  • 皮質レベル
  • 半卵円中心レベル
  • 放線冠(八の字)レベル
  • 基底核(モンロー孔)レベル
  • 中脳レベル
  • 橋レベル
  • 延髄レベル

”後頭葉”を確認できるのは赤文字の部分です!

その他のスライスももちろん重要ですからね!
※脳梁膨大レベルや側脳室下角レベルなどもありますが、今回は割愛しています

その他の脳葉の同定方法が気になる方はCheckしてみてください!!

〈〈前頭葉の見方について知りたい方はこちら!〉〉
〈〈頭頂葉の見方について知りたい方はこちら!〉〉

 

後頭葉の探し方【皮質レベル】

皮質レベル:後頭葉の同定方法

皮質レベルにおいて、
後頭葉を同定する方法としてはこれらの指標を使いましょう!!

  • 中心溝
  • 中心後溝
  • 頭頂間溝

厳密には…
”中心後溝”と”頭頂間溝”が形成する”丁の字”

これがわかってしまえば問題ありませんが、
脳画像に慣れていない場合には、中心溝から探した方が間違えずに済みます!!

新人理学療法士

中心溝はどうやって見つけ出せばいいんですか?


中心溝の見つけ方にな何種類かあって
代表的なものはこちらになります!!

  • 逆Ωサイン
  • 帯状溝法
  • 上前頭溝法

最もポピュラーなのは”逆Ωサイン”だと思いますが、
全症例の中心溝が綺麗な”逆Ω”
になっていない場合もあります

その場合は、もう2つの方法を使用するといいでしょう!

〈〈詳しい探し方はこちらになります!!〉〉

基本中の基本!中心溝の見つけ方を5分でマスター!!

Yu-dai

中心溝が分かれば、中心後溝も同定できるね!
頭頂間溝は中心後溝にほぼ垂直に接していることが多い脳溝
!!
位置関係が分かったら、順序立てて探してみよう!

後頭葉の探し方【半卵円中心レベル】

半卵円中心レベル:後頭葉の同定方法

次は”半卵円中心”における後頭葉の同定方法です!!

Yu-dai

探し方は”皮質レベル”と少し違ってきます!!

”皮質レベル”と同様に…

  • 中心溝
  • 中心後溝
  • 頭頂間溝
  • 頭頂後頭溝

これらの指標を使い同定していきましょう!!
※イラストのデザイン上、上の図には頭頂間溝がないです
 自分の患者さんの脳画像において頭頂間溝がある場合には先ほどの方法で探せますよ!

新人理学療法士

1つ指標が増えましたね!

後頭葉のみをサクッと同定したい場合には…

頭頂後頭溝

この指標を用いることをお勧めします!!

名前の通り、頭頂葉と後頭葉の間にある溝ですね!!
脳の内側に存在しています!

脳画像においては左右の半球に垂直で食い込む形であるように見えますね

この脳溝を境界にして、頭頂葉と後頭葉は分けられています!

Yu-dai

外側に関しては、頭頂間溝があるはずだから
そこから頭頂葉と後頭葉を区別していこう

このレベルで注意しておきたい点としては…
中心溝は皮質レベルと比較すると、
”中心溝”の形が他の脳溝と区別がつきにくい場合があります!!

 

その場合には、脳回を前から順番に数えていきましょう!!
そこから位置関係を把握して中心溝を見つけ出せます!

このレベルでは…
・上前頭回
・中前頭回

この2つの前頭回が確認でき、その後に中心前回が続きます!

中心前回が分かれば、中心溝も分かります!!

後頭葉の探し方【八の字レベル】

八の字レベル:後頭葉の同定方法

次は”放線冠(八の字)レベル”です!!
側脳室体部レベルとも言います!

このレベルでも中心溝はその他の脳溝と判断がつきにくく
見つけづらい構造になっています…

全ての脳葉を同定したい場合には
中心溝を探して、1つ1つ探し出す必要があります!

How to read brain images: parietal lobe

リハビリで使える!?脳画像の見方をたったの数分でマスター!【頭頂葉編】

後頭葉だけであれば、これらの指標があるのですぐに同定は可能なはずです!

  • 頭頂後頭溝
  • 角回

”頭頂後頭溝”だけでもある程度の推測は可能です!!
”半卵円中心レベル”の時と同様で脳の内側にある脳溝を探しましょう!

”角回”は頭頂葉に存在し、後頭葉に隣接します!
その位置はおよそ、側脳室後角の延長線上にあります!!

”頭頂後頭溝”と”角回”
この2つの指標を用いることで後頭葉を同定することが可能です!!

後頭葉の探し方【基底核レベル】

基底核・視床レベル:後頭葉の同定方法

次は基底核レベルです!!
書籍などによっては
松果体レベル”モンロー孔レベル”ともいいます!
このレベルは皆さんもよく知っているのではないでしょうか?

このスライスにおいては脳溝が全て同じような形をしていて分かりづらいです!

このスライスでは、”前頭葉”と”側頭葉”を区別する際に使用した

外側溝

・島皮質

これらをまずは同定しましょう!!
この部位が最も特徴的で見つけやすいと思います!

”島皮質”は前頭葉と側頭葉の境界にあるやや外側のギザギザした部分です
外側溝の深部に存在しています!

”外側溝”はシルビウス溝とも呼ばれ、
脳の外側から島に向かって脳溝を形成しています!!

この外側溝と島皮質の位置が同定できれば
このように、ブローカ野やウェルニッケ野が分かります!!

ウェルニッケ野(上側頭回)の後には…

  • 中側頭回
  • 下側頭回

これらの脳回が続きます!

後頭葉は下側頭回の後方に位置しているので
順番に脳回を数えるだけでも分かります!!

新人理学療法士

もう少し手軽に知る方法はないですか?

もう少し楽をしたい人は
”頭頂後頭溝””帯状回”も探しておくといいでしょう!!
もうおなじみですね!!

頭頂後頭溝が分かっていると、側頭葉との境界が予想することが可能です!

それに加えて、”側脳室下角”とそこから沿って後頭葉に向かう”視放線”
これらの指標を用いることでも後頭葉の領域を推定することができます!!

帯状回は”頭頂後頭溝”と”側脳室下角”を併用するとより分かりやすいです!

後頭葉の探し方【中脳レベル】

中脳レベル 後頭葉の同定方法

次は中脳レベルです!!
中脳の形から”ミッキーマウス”と呼ぶ人もいますよね!

このレベルでは、どちらかと言えば中脳に目が行きがちですが…
側頭葉や後頭葉も存在します!!

Yu-dai

このレベルにおける、側頭葉や後頭葉の損傷は
失認や失読などの高次脳機能障害を引き起こす可能性がある
よ!

このレベルでは、今までのスライスと違って特徴的な脳溝がありません
側頭葉と後頭葉の境界を同定するのは比較的難しいと思います…


このレベルに関しては、脳葉の同定よりも…
各高次脳機能障害を引き起こす部位がどこにあるか
この点に焦点を絞って覚えていた方が
臨床的に有用だと思います!

詳細は別記事でしようと思いますが、
このレベルではこれらの重要な部位があります!!

  • 扁桃体(側頭葉)
  • 海馬(側頭葉)
  • 海馬傍回(側頭葉)
  • 傍錐状回(側頭葉)
  • 舌状回(後頭葉)

ほとんど側頭葉の領域になってしまいました…

今回は後頭葉がテーマなので、”舌状回”の同定について考えたいのですが
隣接する”傍錐状回”と区別するには側頭葉から同定した方が正確です!!

このレベルでは、側脳室の下角が存在すると思うので
この指標を使って扁桃体・海馬を同定しましょう!!

中脳レベル:後頭葉の同定方法

扁桃体→側脳室下角の前方

海馬→側脳室下角の内

Yu-dai

の部位の萎縮の有無などで病前からアルツハイマー型認知症の既往
つまり記憶障害があったかどうかの推測に用いたりもするね

CT・MRIにおける萎縮所見の有無はあくまで補助診断的に使用されます。
医師はその他の検査も含めて総合的に診断するので勝手に断定しないようにしましょう

少し話が脱線してしまいました!!
次は海馬傍回です!

海馬傍回→海馬のさらに後方に存在

海馬傍回が分かれば、その後方が舌状回です!!

舌状回→海馬傍回の後方にあり外側が傍錐状回に囲まれる

その下のスライスの”側脳室下角レベル”では…
舌状回は見えず、海馬傍回や傍錐状回の位置は変化します!!
傍錐上回の後方には下側頭回が続き、小脳が隣接します!

両方とも中脳が確認できるスライスなので勘違いしないように注意です!!※こちらに関してはまた追記できたらと思います

新人理学療法士

あまり、中脳レベルにおける大脳皮質の損傷は担当したことがなかったので同定の仕方がよくわからなかったんです…
すごく勉強になりました!!

Yu-dai

確かに経験することは少ないかもしれないね…
もし担当するようなことがあれば、ネットで検索すると何件か症例報告があったから参考にして介入するといいと思うよ!!

〈〈先ほど紹介した部位の損傷で生じる症状について!〉〉

  1. 扁桃体
    情動障害
  2. 海馬
    健忘(記憶障害)
  3. 海馬傍回
    純粋失読
    街並失認(右)
  4. 傍錐状回
    純粋失読
    物体失認(左)
    相貌失認(右)
    街並失認(右)
    色覚障害
  5. 舌状回
    物体失認(左)
    街並失認(右)
    色覚障害

複数の部位に様々な症状が重複する場合もあるため、
言うまでもなく実際の臨床症状を確認することは必須ですよ!
詳しい症状についてはまた別記事で!!

// /

まとめ【脳画像の見方をマスターするには?】

新人理学療法士

少しでも早く読影の目を養うにはどうしたらいいですか?

Yu-dai

結論から言うと…

数をこなして慣れるしかない!(笑)

だけど、僕がお世話になった教科書にはこう書いていたよ!!

1.人間の脳はあいまいにしか覚えられない
2.脳のどこの部分を見分けるのか
3.情報を捨てることの重要性
4.スケッチしてみよう
5.人は失敗しないと覚えない
6.なるべくたくさんの画像を見るほうがよい
7.よくわからないときは左右で比較してみよう
8.「典型例」は自分の頭の中にしか存在しない
9.画像を作る原理だけは理解しておこう
10.画像診断は補助診断です

土肥 守:病態と症状でみる脳の画像診断―患者さんに対応できる・治療がわかる

これらの項目を読んでから僕が実際に試してみた方法はこちら!!

  • 勉強するスライスを限定した(担当患者に関連した部位とか)
  • 簡単&下手でもいいからスケッチして病巣と部位を確認してみた
  • 自分で読影した結果を上司にプレゼンした
  • 病変部位が小さくても手を抜かずに考えながら読影した

僕が実際に実践した内容は4項目ほどですが、
上の著書で書かれているポイントのほとんどはカバーできていると思います!!

僕の経験上、重要なのは…

⑤の人は失敗しないと覚えない

先輩・上司がいるような環境なら積極的にチャレンジしてみましょう!
(精神的にキツかったら無理にしなくても大丈夫ですよ!)

相談しやすい相手がいるならば、リハ医や脳卒中外科・脳卒中内科のDr.でもいいと思います!!
(Dr.の知識には到底及ばないですから…笑)

yu-dai

同期と一緒に見てみるのもいいかもね!!

とにかく、

他人にプレゼンして間違いや勘違いを指摘してもらう体験

この体験が一番の糧になると僕は考えています!

あとはめげずに自分が担当した症例でどんどん繰り返して数をこなしてください!!

新人理学療法士

僕もまだまだ未熟なので頑張ります!!

この記事が少しでも皆さんの臨床や学習に貢献できたら嬉しいです!

こちらの記事が参考になった方は下のバナーをクリックしていただけたら嬉しいです!
TwitterやInstagramのフォローもお待ちしています!!


理学療法ランキング

脳画像について普段から勉強に使っている書籍はこちら!!

この書籍の特徴・おすすめポイント!
  • 部位の探し方を指標やポイントなども示しながら説明してくれる
  • 脳機能や解剖学の知識を画像・イラストを用いて解説してくれる
  • 内容がリハビリ寄りのため出現する臨床症状などが理解しやすい
  • 改訂により認知症画像が追加された
  • 改訂版第2版は初版より2000円も安く購入できる!

よくあるスライスごとの部位の位置関係や出現する症状だけを記載しているだけじゃありません。
その探し方まで記載してくれているので臨床での再現性が高い内容だよ!!

脳梗塞の分類など、病態についての情報も記載されているので汎用性も高いです!

Yu-dai

僕が今実習生時代に戻ってしまったとしたら
この書籍は絶対に肌身離さず携帯します笑

一応、初版も掲載しておきます!!
中古だと3000円とグッと安く購入できるようになっていますね!
コスト重視ならこちらを中古で購入するのもアリだと思います!!


国家試験にも臨床にも役立つ ! リハビリPT・OT・ST・Dr.のための脳画像の新しい勉強本
この書籍の特徴・おすすめポイント!
  • フルカラーで見やすい!
  • 唯一拡散テンソル画像の掲載あり!!
  • 書籍内の画像をDVDからダウンロードして使用できる!
  • PT・OT・ST向けに臨床症状などの情報もしっかり掲載!

Yu-dai

“拡散テンソル画像”は脳内の神経繊維の描出が可能な画像だよ!!

つまり、皮質脊髄路や上縦束などの神経繊維の走行などもこの教科書で勉強することが可能です!!

テンソル画像は就職してからその存在を知りました…
海外の研究を中心によく用いられているから今から勉強しておいて損はないと思います!

書籍内の画像を自身の勉強にも利用できるのはかなりポイントが高いですよね!!
職場内の勉強会の資料にも使用可能ですし、その点も考えれば5000円以内で買えるのはかなりお得?

その他にもたくさんの書籍がありますが、それはまたの機会に使用と思います!
学生さんなら最低限、これらのどれか1冊を携帯しておけば実習で困ることはないんじゃないかと思います!!


おそらく実習前の図書館では争奪戦必至になる可能性があるので
(僕の学生時代の人気書籍はそうだった笑)
バイト代などであらかじめ購入しておいて実習前はスマートに過ごしましょう笑

勉強になった方はシェアしてくれたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です