脳画像の見方【MRI:T2スター強調画像】

こんばんわ、ゆうだいです。

今夜は脳画像の続き

T2✳︎強調画像について勉強します。

✳︎はスターと読みます。

画像に関しては用意できませんでしたのでご自身で検索などして確認してみてください。

基本的に見方はT2強調画像と同様で、

脳脊髄液→白色

脳実質 →灰色(灰白質

黒色(白質)

梗塞巣 →白色

出血  →黒色

となります。

臨床上覚えておいたほうがいいポイントとしては。。。

    “かくれ脳出血がわかる”

これが大きな特徴です。

潜在性微小出血、いわゆるかくれ脳出血を判別することができます。

陳旧性の脳出血はCTやMRIのそのほか画像では判別しにくいと言われています。

そのためT2✳︎画像上で黒い点(出血部)が多数存在しているような場合には高血圧性の脳出血を起こさないよう介入中の血圧管理をこまめに行うことが必要だと考えられます。

私の感覚ですが、MRIを撮られていてもT2✳︎まで撮られているケースはなかったりすることが多い気がしますので もし、患者さんで撮られている方がいたらかくれ脳出血がないか実際に確かめてみてください。

今夜もお付き合いありがとうございました。

勉強になった方はシェアしてくれたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です